あきこの柳行李

サムネイル

春を告ぐ

作品ジャンル1:関節人形

作品ジャンル2:女性、洋風、ファンタジー、妖精

素材:木粉粘土、グラスアイ、すが糸、胡粉、アクリル絵具、ジェッソ

高さ:60 cm

作品説明:立春の頃、山野に春のおとづれを告げる精霊のイメージを、乙女の姿で表現しました。衣装は17世紀欧州貴族風ですが、ファンタジー性重視で時代考証はしておりません。髪はスガ糸使用の自家製鬘。髪飾りからドレス一式、靴、全て手作りです。吐息を吹きかけると、開放の時を待ち侘びていた草木が一斉に動き出す、そんな瞬間をイメージしており、今にも息を出そうと言う唇の造形に苦心しました。

作品備考:クラフトアート創作人形展<東京交通会館ゴールドサロン 2/4-10>出展作品。